スケーリング分析プログラム

逆浸膜(RO)膜で処理水を作るため、供給水中に含まれる難溶性塩分がエレメント内部で濃縮され、飽和溶解度を超えてしまうと、膜表面でスケーリングを発生します。システム回収率が高くなる程スケーリング発生する確率が高くなります。スケーリング発生の可能性があるかどうかを知るため、スケーリングの計算が必要になります。精度高いスケーリング計算は、手順が複雑で時間がかかります。

当社膜事業部は、スケーリング検査専用プログラムでスケーリング発生の可能性を迅速に分析・検証し、設計前のスケーリング発生の有無や適切なスケール分散剤の添加量などをご提案することができます。スケーリング分析を行うため、下記のデータが必要になります。

  1. 供給水温、pH
  2. 水量、回収率
  3. 供給水の分析結果

【例】下記の条件でシミュレーション

水質分析データ (採水時間2006年4月1日)

項目分析 結果 分析項目 結果 分析項目 結果
導電率 (μs/cm) 650 Ca (mg/L) 50.00 SO4 (mg/L) 50.00
pH (25℃) 7.5 Sr (mg/L) 0.10 Al (mg/L) 0.00
濁度 < 1 Ba (mg/L) 0.00 SiO2 (mg/L) 50.00
NH4 (mg/L) 0.10 HCO3 (mg/L) 126.00 TDS (mg/L) 499.31
K (mg/L) 20.00 NO3 (mg/L) 2.50 Fe (mg/L) 0.30
Na (mg/L) 50.00 Cl (mg/L) 130.00 Mn (mg/L) 0.20
Mg (mg/L) 20.00 F (mg/L) 0.01 SDI (mg/L) < 5

その他:水温25℃、前処理 (除鉄、除マンガン)、透過水量15m3/h、希望回収率75%

シミュレーション結果のダウンロード


get pdf readerこのページの資料をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。