膜システム設計プログラム

膜システム設計に関しては、膜の種類とエレメントの本数、ベッセルの配列、運転圧力などで設計することになります。それらの設計は、供給水質、供給水量、回収率、透過水量、透過水質などのパラメータによって制限されます。

弊社は、膜システム設計プログラムによるシミュレーションを行い、水質や流量バランスなどの要素を考慮した上、最適なシステム配置及び運転条件をご提案致します。膜システム設計シミュレーションをご依頼の場合、下記の項目をご提示頂く必要があります。

  • 水源(海水、地下水、RO処理水等)、水量(透過水量、希望回収率等)
  • 供給水質(各イオンやTDS等のデータ)、水温、pH
  • 前処理(砂濾過や活性炭等)方法、薬品(塩素やスケール分散剤等)使用希望の有無
  • 1ベッセル当たりの希望充填エレメント本数(現場スペースによる)

【例】下記の条件でシミュレーション

水質分析データ(採水時間2006年4月1日)

分析項目 結果 分析項目 結果 分析項目 結果
導電率 650 μs/cm Ca 50.00 mg/L SO4 50.00 mg/L
pH (25℃) 7.5 Sr 0.10 mg/L B 0.05 mg/L
濁度 < 1 Ba 0.00 mg/L SiO2 50.00 mg/L
NH4 0.10 mg/L HCO3 126.00 mg/L TDS 499.31 mg/L
K 20.00 mg/L NO3 2.50 mg/L Fe 0.30 mg/L
Na 50.00 mg/L Cl 130.00 mg/L Mn 0.20 mg/L
Mg 20.00 mg/L F 0.01 mg/L SDI < 5

その他:水温25℃、前処理(除鉄、除マンガン)、透過水量15m3/h、希望回収率75%、3本入りベッセル

シミュレーション結果のダウンロード